有能な弁護士  優秀  成功報酬  被害者  相場  有名  業務  サイトマップ

交通事故弁護士

交通事故の被害者になってしまったら弁護士に相談すべきこと

事故に遭う危険性 交通事故の被害者になってしまうと、いろいろな被害を受けます。
まず第一に身体に怪我をしてしまいます。

また車など自分の持ち物に損害を受けたり、仕事に行けなくなることによる収入減、
それに、精神的にも大きな苦痛を受けるはずです。

大きい

交通事故の被害者は、こうしたいろいろな損害分の金銭を
相手に損害賠償請求できます。
損害賠償請求の内容や金額は示談交渉で決定しますが、自動車保険には
示談代行サービスが付いているので、実際の話し合いは
被害者と加害者の保険会社で行われるのが一般的です。

ここで、加害者の保険会社は加害者が支払うべき賠償金を
代わって支払う立場にあります。
そのため、安い示談金を見積もってくる可能性があり要注意です。

交通事故で被害に遭ってしまったら、損害賠償請求で損しないためには
弁護士への相談が不可欠です。

交通事故が得意な弁護士は最大限の賠償金が受け取れるよう
アドバイスをしたり交渉を代行してくれます。

特に弁護士のサポートが必要なのは、慰謝料の計算です。
損害額計算の中で、医療費や物損は実費が原則ですが、
慰謝料は精神的な苦痛という性質上個人差が大きく
計算の仕方で大きく金額が変わってしまいます。

交通事故に強い弁護士なら、一番高額に査定される裁判基準で
有利に慰謝料交渉をしてくれます。
また過失割合の計算にも弁護士のサポートが必須です。

あぶない

過失割合というのは交通事故発生時にどちらにどの程度の
落ち度があったかを示す数字ですが、過失相殺といって
実際の損害額から自分の過失割合分が差し引かれてしまうので、
過失割合についても弁護士に相談して不利にならないよう
交渉を進める必要があります。

Copyright(c) koutuujiko. All Rights Reserved.